スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンパー欠損2

某大手コンビニエンスストアチェーンの、問題の店舗のある地区を担当するという方から、約束通り事件翌日に連絡があった。現場で確認したり店員の話を聞いたりしたが、電話一本で片付く性格の問題ではないので、現車に乗って再度店舗を訪れ、一緒に現場検証のようなことをしてほしい、とのことだった。もちろん電話一本で片付く話とは思っていないが、これが遠方の店舗だったらどうなっていたのだろう。まあ、近所なので構いませんが。

で、たまたま暇があったこの日の午前にアポイントを取り、店で待ち合わせることに。しかし、前日の豪雨で雨漏り…シート濡れ…など色々で手間取って、現地に30分の遅刻。約束の時間を微妙に過ぎた頃に遅れる旨の電話をしたが、「まじかよーもっと早く連絡しろよー、つーか遅れんなよー」と言いたそうな空気を感じた。いわゆる交渉の場に遅刻するとは私も大物になったものだ。本人には何の罪もない担当の方、待たせてごめんなさい。

現場では、車止めの高さがごく一般的な12cmであることを確認した。が、バルのバンパーもまた通常であれば問題のない15cm以上の高さを持っていることも確認。こすったこと自体はバイト君が目撃しているので検証の必要はなく(が、接触した際に車止めに付着した塗料は綺麗になくなっていた。豪雨のせい?それとも店の人間が人為的に消した?)、というかもう一度当たるまで突っ込んで別の場所が割れちゃったら大変だから、ということで適当なところで止めて終了。路面に「うねり」があることは一目瞭然なので、それが原因で15cmのバンパーが12cmの車止めに接触したことは確かだろう。あとは路面の舗装不良(というか経年による傷みか)の責任を管理側にどの程度認めさせるかという話だ。

当該場所で今までに同種のトラブルがないこと、担当の方も営業車をよく当該場所に駐車するが、問題は起きなかったこと、バルが一般的な高さを確保しているとは言え、「低い」部類のクルマであること、などが話されたが、対応についての決定権は本部にあるので、状況と写真を持ち帰り、後日対応について決まり次第連絡をくれる、ということになった。

まあ大手コンビニエンスストアとしては変な言いがかりにいちいち対応するわけにはいかんので、基本店側の責任を軽減する方向で話をしていたが、こちらも別に根拠のない言いがかりをするつもりもないし、実際していないので、ちゃんと話を聞いてくれたし、適切に対応してくれた。さすが某大手コンビニエンスストアである。これが個人経営の商店なんかだったら、「知らねーよボケ!」で終わり、それ以上ゴネるには民事裁判でも起こすしかない事態になっていたであろう。

結果はまた後日。

スポンサーサイト

偏平タイヤ/FUEL-1/ガラコ

今日、突然タイヤを交換した。別に必要があったわけじゃないのだが、ホイール付きタイヤ(というかタイヤ付きホイール)を安く譲ってくれるというので、つい買ってしまったのだ。が、今までと同じ15インチだし、タイヤサイズが195/50(バルの標準は195/55)だ。んなもん買う意味あるのか?と言われればそれまでだが、まあ、気分転換ってことで。間に合わせで履いてる中古タイヤの劣化も気になってたし、今度はホイールも自分でも知ってるブランド(Speedline…モデルは不明)だし。まあ、今までも純正よりでかい195/60履いてたわけで、元々私の行動は意味不明である。とりあえず結果から書くと、車体に対するタイヤ外径の比率が小さくなって、カッコ悪くなった…ということは特になくて、タイヤがより偏平になって、今っぽくなった。まるでインチアップしたかのような感じ。さすがに変わるもんだな。けど見た目なんかどうでもよくて、即日に高速を使って長距離移動したのだけど、なんか鬼のようにハンドル取られる!タイヤ銘柄の違いもあるだろうが、純正の55をすっとばして60→50だから、轍検知力が格段に向上したようだ。ハンドルもやたらとクイックになり、高速走行では、あまりに短いホイールベースがようやく本領を発揮してくれた感じに落ち着きがない。まじこえーよ。けどこれも不思議なもので、何日か乗ると慣れてしまって何も感じなくなるのだが。

同時に、最近(自分の中で)話題になってるエンジンの不調に関して相談してて、燃圧も測定してもらったのだけど、やはり異常なし。そこで、ガソリンに添加剤入れてみたらどう?という話になった。走行距離も随分だし、内部にカーボンとか付着してインジェクションが不良起こしかけてる可能性もあるということで。まあ仮にそうでなくてもエンジン内部の汚れは年数&距離的にかなりのレベルだろうからね。で、WAKO'Sの「FUEL-1」。高いものではないので早速入れてみた。これが…また結果から書くと、工場を出てほんの少し走った頃から「あれ?エンジン軽い」という感じがし始めて、久々に「ちゃんと加速してる」感を得た気がした。ここしばらくず~っと、特にエンジン止まっちゃったとかじゃない時でもうっすらとは不調が続いてたらしく、この感覚を忘れてたよ。もしかしたら全て気のせいかもしれないけど、気分いいから改善されたことにしておこう。連続使用が効果的とのことなので、また入れてみようかと。

で、それと前後して、「ぬりぬりガラコ」なるものを使ってみた。ここ最近雨が多かったが、ガラスに油膜なのか何なのか知らんけど、ワイパーの拭き跡の形に水が残っちゃって、特に夜なんか恐ろしく視界が悪い!という状況を我慢して乗っていたので、いい加減なんとかしようと思った次第である。ちなみにコイツは、車両本体とともに前オーナーのNeno氏から譲り受けた由緒ある品。そんなに前から持ってたのなら早く使えよ。軽~くガラスを洗って、説明の通りに塗り込んで、あまり綺麗じゃないタオルで拭いただけ。かなりいい加減な作業だったが。やはり結果から書くと、ってさっきから結果しか書いてないけど、というか結果以外に書くことなんてないけど、すげー撥水。夜の高速走行では、小雨であれば降ってるのに気付かないくらい完璧にノーワイパー走行ができちゃった。「トンネルとかで瞬間的に視界が白くなることがあるから、すぐにワイパー動かして視界を確保してね」という注意書きが恐ろしくて気になっていたが、なんのことはない。ワイパー掛けなくても水滴が細かく分散した上で風圧で流れてくから気にならないけど、ガラス面に常に水滴はあるわけだから、それが乱反射して視界が奪われるのだ。だからワイパー動かせばすぐ見える。けど、対向車は平気だけど街灯の光が角度的に乱反射を招くので、夜の市街地では結局ワイパーが必須。


続きを読む

バンパー欠損

朝、某大手コンビニエンスストアの某店にふと立ち寄ろうと、駐車場(自宅から近いコンビニはことごとく駐車場がない。駅が近いというほど近いわけでもない店舗も含めて。ここは入れづらいけどまだ駐車場があるだけマシである)に何の気なしに頭から突っ込んで、いつもやるように、右前方にある牽引用のフックを掛ける金具が縁石に衝突しないように慎重に(ゆ~っくり前進して、もし「ゴリ」ってこする感触があったら下がるようにしているのだ。当たらない駐車場であればそのままタイヤが当たるまで突っ込めるのだが、たいていの場合は「ゴリ」を警戒して、「ゴリ」って言いそうだなと思うギリ手前あたりで止めておく)入ったら、「ゴリ」よりも遥か手前で「ゴギャギャ」という激しい音がした。オイルパンの前にあるプロテクターみたいなプレートが摺ったか?と思い、バックしてみたら、「バキョバキョ」と、激しい音がして、何かが飛ぶのが見えた。

降りて確認してみると、バンパーの下端が欠けちゃってるではないか。けどそういうときに慌てるのが嫌な私である。平然と店に入って買い物をし、店を出てからバンパーの様子を見た。下の方だけだけど見事に欠けちゃってる。あー。とりあえずその場は平静を装って破片を拾い集めて、帰った。いや実際急いでたし。

しかし後になってやはり、いくらキズだらけのバンパーだからって、欠けちゃうってのはあんまりでしょ、こっちには何の落ち度もないのに…と、だんだん怒りがこみ上げてきた。そもそも普通だったら当たるはずのない高さだし、現場の雰囲気だと駐車場の舗装面に「うねり」があり、微妙に窪んだところにタイヤが入ったために当たったらしい。これは完全に設備の不良だろ。ここで引き下がってはクレーマーとしての面子が立たぬ。というわけで、ネットで色々調べてみた。

「駐車場の車止めが外れてて、バンパーに引っかかってキズがついた」→「それは安全確認を怠ったアンタの責任だ」
「駐車場でミラー当てられて破壊された。店は駐車場内のトラブルに関しては一切関知しないので当事者同士で話し合いしたが、取り合ってくれない」→「訴えても面倒なだけ。泣き寝入りしろ」
など、世の中は圧倒的に状況は不利だ。しかし、
「駐車場の設備が原因でトラブルが起きた場合は、管理側にも責任がある」
という、至極当然の意見もある。

一般的な車止めの高さは120mmである(俺調べ)。一般的なコインパーキングの注意書きには、「最低地上高150mm(もしくは140mm)以下の車両は使うな」と書いてある。車検をパスするのに必要な最低地上高は90mm以上である(正確には条件により異なる)。この時点でおかしい。クルマの下側で一番低い部分てのは、たいていオイルパンだとかデフボックスだとかマフラーだとかだが、エアロパーツ等は条件によっては地上高50mm以上あればOKである(らしい)。なぜ車止めが120mmもある必要があるのだ。というかそもそも、例えばマツダ・アテンザ23Sの最低地上高(カタログ値)は135mmである。コインパーキング利用できないじゃん。

んで、ローダウンしちゃってるウチのバルは、というと、オイルパンとかもろもろの地上高は当然90mm以上あるとして、バンパーの下端の地上高は150mm以上ある。コインパーキングは何度も利用しているが、バンパーをこすった試しなどない。んー、やっぱり普通なら当たるはずないじゃん。というわけで、早速クレーム開始。まず、店に電話。

オーナーさんいらっしゃいますか?
…どういったご用件で?」←最初から警戒してる
かくかくしかじかで、ご相談できればと思って…
(その件は目撃したバイトから報告受けたから把握してるが)ウチはただこの場所を借りて店をやってるだけですからね、そんなこと知りませんよ。本部の方に言ってください」←極めて横柄な態度
…じゃあ本部の連絡先教えていただけますか?
あーちょっとこちらでは分からないですね
……………
コンビニオーナーが本部の連絡先を知らないってどういうことよ!?仕方がないから本部の連絡先をネットで調べて電話。

かくかくしかじかで…
わかりました。それでは現地で調査し、オーナーの方からご連絡差し上げますので、少しお時間をいただいてよろしいでしょうか。この度はご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。云々」←ちゃんと話を聞いて、的確に対応することを約束し、一応ちゃんと謝っておく。
…なんなのこの対応の違いは。

この件に関してはその後の経過も報告せねばなるまい。 欠けたバンパー


再・イタ車の洗礼?

洗礼が再びというのも変だが。やはり長野県が鬼門らしい。前回も場所が長野県内だったのだが(後から地図を見て判明)。というわけで再び長野県を訪れた私は、県の北東部から北西部へと向かう景色のいい山道を快調に飛ばしていた。が、短いトンネル内で突然エンジンが吹かなくなり、やべーやべーと気合で(正確には惰性で)クルマを進めたが、トンネルを抜けてすぐの路肩で止まってしまった。

人間、2回目ともなると全く動じない。同乗者がいたので、「5分か10分待てばすぐ掛かるよ」と、確証はないけど平然と言って安心させようとした。けど駄目だった。ああ、隣に乗っているのが美しい女性ではなくて「イタ車だもんね~しょーがねえなあ」とか言って喜んでくれるクルマ好きの男だったら!と思う唯一の瞬間である。若干白けムードの中、しばらく待って、若干緊張しつつキーをひねったら、見事に掛かった。よかった~。

と思ったのも束の間、ちょっと走ったらまたすぐに同じ症状でストップ。まいった。けど数分待ったらやっぱり普通に掛かった。よかった~。

と思ったのも束の間、ちょっと走ったらまたすぐに同じ症状でストップ。まいった。けど数分待ったらやっぱり普通に掛かった。よかった…。

その後は何事もなく走って無事たどり着いたけど、前回と違って、ずっと調子がおかしい。アクセルを踏んでも加速にナミがあるし、アクセルを放してもエンブレの掛かり具合にナミがある。これはいよいよイカンな。いつまた止まるかとハラハラしながら乗るのもまた一興だが。

しかし、工場では、例えば燃圧を測定しても、たまたまその症状が出ているときじゃないと数値には表れないからわからない、と言われた、そりゃそうだ。記憶をたどってみると、過去に、シートの後ろから「ウィイイイイイイイイイ」と、モーターが回るような甲高い音がかすかに、しかしずっと聞こえていて気になったことがあった。普段はしないのに。そんな話とか色々した結果、燃料ポンプが怪しい、という結論になった。しかし交換となると出費もかさむし、それ以降は一応動いているといえば動いているので、とりあえず様子見。ただ、たまに燃費が異常に悪くなることがある。かつて、エアコンの使用状況や運転の仕方によってこれほどまでに燃費が変化したことはないので、きっと何かが何かなのだろう。燃料フィルタ?くらいは交換したほうがいいかもしれんなぁ。それがどこについてるのかも知らんけど。


続きを読む

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。