スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M字キャリア

M字キャリア どーん。付けてしまいました。というか交換してしまいました。モッズのと言わず、ドレスアップの定番中の定番、M字型キャリア。今まで2つの理由で避けていた(1、リアヘビーが深化するのでスペアタイヤを後ろに移動したくなかった。2、定番すぎてイヤだった)のだが、前回のパンクを機に(そういえば前回パンクしたのは記事にしていない。最後まで原因不明だった)替える気になった。なぜパンクを機にかというと。こいつ、前後ともアルミホイールを履いていて、スペアだけスチールのメッキホイールだったのだが、パンクしてメッキホイールをリアに履かせた際、パンク修理したアルミを純正スペアタイヤホルダーにセットしようとしたら…厚みとか構造とかの問題で付かないのよ。それでしばらくスペアタイヤレスで走ってたのだけど、スペアないと不安だし、かといって再度リアタイヤとスペアを入れ替えるのも面倒だし、純正スペアタイヤホルダーを加工するのももっと面倒だし、M字を避けてた理由も事情が変わりつつあるし、ということで、気持ちが傾いた矢先に中古の出物を発見したので即買いしました。ちなみに写真のボディカラーは合成です。

M字を避けてた理由がどう変化したか。まず、重心が後ろに行っちゃうのが嫌だった件。スペアタイヤを下ろした当初は、それだけでフロントの接地感が減少したのが気になったが、そんなのしばらく乗れば慣れちゃうし、いいや、と。それと、定番すぎてイヤだった件。ここ数年でヴィンテージベスパを見かける機会自体急激に減ったし、「みんなやってるから」というほど「みんな」に該当しうる人がいなくなったっぽいから、いいや、と。

M字キャリア:この角度がミソなのだ ただしどうしても許せない点があった。キャリア及びスペアタイヤが、ほぼ垂直になってるのがどうしてもイヤなの。せっかく流麗なヴィンテージのヒップラインの上に無骨に垂直にそびえるキャリアなんて絶対にイヤ、というわけなのかどうかわかんないけど、とにかくイヤで、だからM字キャリアを避けてたというのもあるんだが(M字に限らずスペアタイヤをリアに移すキャリアはほぼ例外なくタイヤが垂直(もしくは水平)になる。まあ実用性を考えたら当然だ)。その点に関しては取り付け方法を工夫することで微妙に斜めにしようと思ってたのだが、ひととおり悩んだ末にとりあえず取った方法は、ナンバープレート側の取り付け位置を浮かせること。ボディとナンバーブラケットの間に20mmの高ナット噛ませて浮かせただけ。実際には強度面の不安を解消するためにボディ側の穴を広げてネジ径をM5からM6にしたり大き目のワッシャー噛ませたり上下の高ナットを斜めの補強プレートでつないだり細かい芸当をしてるわけですが。はっきり言ってM字キャリアが壊れない程度の重量の荷物を載せる程度なら問題なさそう。で、写真の通り微妙な角度がつきました。微妙…。折を見てもっと角度が付くようにしようと思っているが、これ以上ナンバープレートを出すとテールライトの(下側のナンバーを照らす)光がナンバーに当たらないので問題あり。どうしよう。ちなみに写真のボディカラーは合成です。

今まで付けてた非常に実用的なキャリアと比べると実用性は落ちると思っていたが、極端に大きい&重いものの積載限界値が下がっただけで、日常想定される荷物を積む範囲の使い勝手は却って向上した。M字部分にコンビニ袋が提げられるし、畳んだキャリアの隙間に薄物が挟めるし、開けば意外と丈夫だからそこそこ重いものも載る。このフレームはデザイン面だけじゃなく、溶接箇所が減って強度や製造コスト(曲げる方が高いかな?)の面でも利に適っている。と思う。

じゃあ走りの面ではどうか。確かに生来のリアヘビーさに磨きが掛かったが、レッグシールド内側のタイヤがなくなったことで、着座位置をかなり前寄りにすることができるようになったので(脚長くてゴメン)、相殺されたようだ。またそれによってハンドルが体に近づいて姿勢が若干良くなったのと、シートの中央に走る鉄のフレームより手前に座れるようになったから、長時間乗るとケツが痛くなる点も改善されそうな雰囲気。いいことづくめ。むしろ重心の前後方向の変化よりも上下方向の変化が気になった。スペアタイヤが高いところにきたから重心が結構上がって、持ち前の安定感が少し薄れたようだ。けどそんなの5分も乗れば慣れてしまうもので、最早わからない。

まあ総合的には大満足。あとは、2人乗りするとき後ろの人の背中がスペアタイヤに付いてしまうから、スペアタイヤカバーが必要だな。それさえあれば背もたれ代わりにもなるから後ろに乗る人の安心感も向上するだろう。

スポンサーサイト

退院&いろいろ消失

足回り限定でかなり大変なことになっていたバルが戻ってきました。って、一体何があったのか記事にしてませんが。それ以前にもまだ記事にしていないネタが結構たくさんあったのに。というのも、とある事情によりとある情報記憶媒体が行方不明になり、そこにメモしてあったデータが全部わからなくなってしまったため、最早書く気力が失せました。憶えなくていいようにメモしといたんだよ!あーあ。

一応流れを憶えている範囲でざっと記しておくと(自分の覚えのために)…そういえば「ステアリングのポジション探し」という記事を書いたのに、ステアリングボススペーサーを買った、という記事がない。

3月下旬、ネジを踏む、というかネジを踏んでいることに気付く。普通はそういうのは発見しても抜かないほうがいいというが、浅そうだったから抜いちゃった。浅かったから別に何ともなかった。
4月忘日、ステアリングが遠いのが気になって(いわゆるイタポジというやつ)、ステアリングボススペーサーを買う。ベストは10mm~20mmだと事前に判断していたが、色々試せるように調整可能なやつを買う。
4月忘日、ステアリングのセンターがずれているのが気になって仕方がなくなる。「カタムキナオール」とかいうアイテムもあるけど、なんかイヤなので工場で調整してもらう。バッチリセンターが出ているとすげー気分が良い。ちなみに友人M君の愛車(旧型ハリアー)は、ものすごーくセンターが狂っていた。別に気にしない人は気にしないもんである。
4月30日、既に記事に書いたけどスペーサーを長くしてみる。
5月4日午前、左後輪の空気圧が異様に低いのに気付く。そういえば最近乗り心地がよくなったような…もしかしてそのせいか。午後には長旅が待っているため、慌ててABへ。空気圧がなんと0.6~0.7くらいしかない。おいおい。空気を足す。けど何で抜けたんだ?と思ってたら、エアバルブに亀裂が入ってて(正確には、亀裂には前から気付いてた)、バルブをひねると空気が抜ける。これは極めて危険な状態じゃないか?しかし午後には長旅が待っているため、とりあえず目的地まで持ってくれれば…と、様子を見ながら走る。
5月4日午後、高速道路の渋滞を避けて一般道を走ったら結局渋滞に巻き込まれる。高速に入る前にもう一度どっかで空気圧をちゃんとチェックしよう、と考えつつ、ようやく渋滞を抜けて快調に走り出した矢先、右コーナーで突然タイヤが鳴く。リアが滑って反対車線に飛び出しそうになって(対向車あり)カウンター切っったら逆に流れたのでさらに逆にカウンター(中略)縁石にゴギャン。その後の対応があまりに冷静だった自分に感心する(三角の反射板設置、旅先に遅れる連絡、保険会社に連絡、工場に連絡。ローダーが到着して積み込みが終わり、工場までの道のりをナビで探そうとするが、ローダーのお兄さんより自分のほうがナビの扱いがわかってるという(笑))。ちなみに警察に検挙されるようなスピードは出してません。いかにハンドリングが下手かお分かりいただけよう。
5月5日、とあるイベントで、とあるバンドでベースを弾く。
5月忘日、鬼安ホイール(新品)2本ゲット。15x7、4H、PCD98、ET35。ハブ径はハブリング使用で58.2mm。よくもこんな都合のいいもんが見つかったもんだ。
5月21日、修理完了。EEのKさんありがとう。

具体的には、10万km超でおそらく結構ガタが来てた足回りの大部分を、走行3万km台の中古車部品に換装しました。ダメになったホイールを「とりあえず」2本だけ買い足したために前後違うホイールという残念な状態になってしまった。けど見た感じ意外と普通。ついでに、タイヤを1サイズ大きくしてみた。乗り心地は良くなったしメーターの狂いも40km/h程度なら皆無だけど、フェンダー内のクリアランスがきわどい。なんでそんな面倒なことしてんのよ俺。ついでに2、リアに10mmスペーサー入れてみた。けど上記のような状況だから比較写真撮るような暇もなし。ツライチを目指してるわけじゃないけど、フロントに比べリアが引っ込んでるのが許せないという単純な不満は見事に解消された。トータルで見た目のバランスが良くなったかというと微妙。

ホイールを16インチにしたいな~とかいう中途半端な夢は消し飛んだ。もしやるとしたら乗り心地とかバランスとか一切無視して17インチにします。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。