スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シフトノブに関するあれこれ

文字だけで説明するには無理があるけど。シフトノブは、スプラインっていうの?くるくる回らないようにシャフトに出っ張り&ノブの穴に溝があって、上から刺さってるだけだった。で、引っ張っても抜けないようにストッパーか何かが付いてたらしい。シフトノブを回すとカタカタ少し動いていたのは、シャフト全体が少しだけ回っていたのではなく、ノブとシャフトの嵌合に余裕があってノブが動いていたのだった。つまり、適切にストッパーのようなものを外してやれば、簡単にスポッと抜けた可能性も高い。メカニックの人いわくスプライン式は輸入車に多く、BMWなんかもその方式らしいが、国産車はメンテナンス性を考えてか、ネジ径やピッチこそ色々であるもののほぼ100%ネジ式になっているようだ(日産やスズキはそれが接着しちゃってあるので取り外しが非常に困難らしい)。国産と海外でそんな違いがあるなんて知らなかった。

で、某トバックスは実際に外してみるまでそんなこと知らなかったらしく、もし知っててくれたらシフトノブをここまで破損せずに外せただろうし、自分がもう少し調べた上で「まっすぐ引っ張ってみてくれ」とか「シフトブーツを下ろしてストッパーか何かが付いてないか調べてよ」と言っていれば、と思うと悔しいのだが、何より、わざわざ有料で外してもらったのにこの結果というのが許せない。ちゃんと調べれば自分でもできたかも、ということよりも。

もうひとつ問題が。シャフトが意外と長い。「操作性の向上のためにノブを低くする」というのがシフトノブ交換の主たる目的なのに、純正ノブはシャフトがかなり奥まで入るようになってて、ハイトはシャフトのてっぺん+10mmくらいしかなさそうだ(注:後で正確に算出してみたら+15mm弱だった)。ノブを半インチほど低くしたかったのに、これじゃあRÄZO(レッツォ)のスーパーローポジションノブを使っても(注:実際には互換性がないので装着できませんが)数ミリしか下がらないぞ。

私はこの二つの難題を一度に解決させる方法を考えた。まず、シフトノブの外し方が適切でなかったために破損させたんじゃないかと某トバックスに明らかな言いがかりでしかなさそうなクレームを柔らかく言う。で、某は「ウチはディーラー系じゃないからそこまで精度の高い作業はできませんよ。補償しろって言われても困るよ」と柔らかく言ってくる。そこで、純正ノブを弁償しろなんて言わない(無傷じゃあ外せないかも、とあらかじめ説明は受けてたから当然だが)、作業工賃を返せなんてセコいことも言わない。その代わり、(もっとセコいけど)シャフトのカットを安くやってくれないか、と持ちかけた。この作戦が成功、シャフトのカットを無料でやってもらえることになった。某に対する不信感もこれでまあスッキリしたが、面倒な言いがかりつけちゃってすんません、某の人。

シャフトっつっても単なる金属の棒(直径は一番細い部分で10mm、太い部分で14mm)だ。グラインダーがあれば(実際持ってます)自分でもできる。けど、例えフィアットのシフトノブの固定方法も知らなかった国産車専門に近いショップであってもプロにやってもらった方が安心だし、何より楽だ。というわけで12mmほどシャフトをカットしてもらいました。車内に鉄粉が飛ばないように厳重にビニールで覆ってくれたし。あとはコレに合うシフトノブを探して装着するだけ。ハイトがシャフト+10mm程度のノブを探せば約半インチのローポジ化が達成できる計算だ。だけどコレがまた迷うわけで。続きはまた次回。新しいノブが入るまでは、破壊されてしまった純正ノブの中に入ってた芯の部分(下の写真)だけを嵌めて、その上に軍手をぐるぐる巻いてテープで留めるという壊滅的なカッコ悪さを持つノブで代用だ。けど、極端にちっちゃい頭のノブは操作性が良いことを発見した。

バルケッタ純正シフトノブ 純正シフトノブは無理矢理回したせいでサイドが破れて上っ面が完全にはがれてしまい、中に入っていた芯の部分が取り出せてしまったのであった。

スポンサーサイト

雨漏り2・必要に迫られてオープン

前日の夜雨が降っているのは知っていた。風が強いのも知っていた。けど特に様子を見たりしなかった。で、翌日の朝早く出かけなきゃいけなくて駐車場に行ってみると…前オーナーの悪友から引き継いだハーフカバー(ガラスから上だけをカバーするという、中途半端だが、バルケッタのようなマキナにはピッタリなアイテム。もちろんバルケッタ用でサイズもピッタリ)が見事にはだけていた。トランクに噛ませてるヒモのおかげで飛んではいなかったが、肝心の幌部分には全く掛かっていなかった。マキナとか書いてるとアホっぽくていいかと思ったけどバカっぽいからやめようか。

雨漏りの跡 まあそれはそれとして急いで準備して乗り込んだら、なんかお尻が冷たい…ていうか濡れてる!!そんなに長時間雨降らなかったと思うけど見事に雨漏りしたらしい。写真はシートが乾いてからもシートの後ろに少し残っていた水溜まりの跡。仕方がないから待ち時間に日の当たる場所でオープンにして運転席を中心に乾かして、移動する間もオープンのままでなるべく日に当てた。幸いカラッと気持ちのいい晴れだったのですぐ乾いた。やれやれ。しかしオープンになるって便利だなぁ、室内が濡れてもフルに日光を当てられるからなぁ。…てかオープンじゃなければ雨漏りなんてしないか普通。と、一人で本気ボケツッコミをしていた。乾かそうと思って慌てて幌開けたときにうっかりリアスクリーンにシワ寄せちゃった。せっかくほとんど消えかかってたのにまた変なクセがついちゃった。今度のは一瞬だからすぐ直ると思うけど。

用事が全部終わってから、前々から交換したいと思っていたシフトノブをどうにかしようと、某トバックスへ行った。というのも、交換しようにも今付いてるノブがどうにも外れなくて、外さないことには中のシャフトがどうなってるのか分からないから互換性のあるノブも探せない、ということで行き詰っていた状態をどうにか打破したかったからだ。「ノブがどのように固定されているか」なんて、カー用品店なら把握してるだろうと思って行ったのだが…

「99%はネジ式で、左に回せば外れますね」と店員さん。「まっすぐ上に引っ張れば抜けるってネットで見たんですけど」と私。とにかくよくわかんないけどメカニックに頼もうってことでピットに入れてあれこれ頑張ってもらった結果。外れたには外れたけど、付いてた純正ノブは最早ノブとしては使用不可能な状態になってしまった。乙。続きはまた次回。

それと前後して、前から気になっていた空気圧をチェック。なーんか、フロントが気持ち足りてないような気がしてたので、無料の空気圧チェッカー付き空気入れ(セルフサービス)を使おうと思ったのだけど、使い方がわからん。そこで店員さんに聞くと、わざわざクルマまで来て、1本試しに入れるところまでやってくれた。親切。…で、フロントを測ってみたら。右側約160kPa。160kPaだぁ!?マニュアルによるとフロントの推奨値は2.4kg/cm3(240kPa弱)だぞ。リアも推奨2.0のところ、160~180しか入ってなかった。いやーびっくり。空気圧って極端に不足しても外見ではほとんどわかんない場合が多いからね。注意せねば。これからはマメにチェックしよう(と言いつつ億劫できっと忘れた頃にしかやらない)。

空気入れ終わった後、駐車場内で走り出した瞬間に「お?硬い」と感じた。感触がぜんぜん違う。路面のゴツゴツを明らかに拾いやすくなった。ようするに、乗り心地は悪化した。すぐに慣れてわかんなくなっちゃったけどね。これで燃費や走行性能も良くなればいいな。ハンドリングに関しては未来の日付の記事に書いたとおり。燃費はいちいち計算してない。


給油ランプの点くタイミング

私はギリギリまで給油しない派の人間である。ベスパに乗っていて、まだ行けるまだ行けるとがんばってたら途中でガス欠になっちゃって押して歩いた回数はもはや数え切れないほどだ(途中までは、都度「ネタだ」と思って日記に書いていたが、だんだん面倒になって書かなくなった)。一番長いときは1時間半くらい押して歩いた。学習しろよ。クルマでガス欠になったらしゃれにならん。押して歩くわけにいかず、任意保険に付属のロードサービスを頼むしかあるまい。それでも性癖は変わらず、やはり給油警告ランプが点くまでは給油しないことが多い。

で、何度かランプが点くのを見ていると、いろいろな発見がある。急加速して後ろにGが掛かると給油ランプが点く。ブレーキを踏んで前に荷重が掛かると消える。右コーナーで左にGが掛かると点く。左コーナーだと消える。…あれ、左右逆だっけ?まいいや。燃料のセンサーがタンクのどこに付いているのか想像できちゃいますね。次第にどの姿勢でも点くようになり、そこがようやく燃料があるラインに達した瞬間であると判断できる。…が、その時点での燃料計の針の位置が毎回一定じゃない。「0」の目盛りの真ん中くらいの時もあれば、上寄りのときもあり、下寄りのとき…はあったっけ。とにかく、世の中の全ての燃料計がそうであるように、あまり当てになりません。と言いたいところだが、満タンの「50L」のラインから、およそ1目盛り減るごとにおよそ10L減。「0」のところで残り12L。こう覚えておくと、なかなかその通りなのだ。やるじゃん。

私はマメな人間なので、クルマのマニュアルを読んで、「燃料警告ランプが付いたら残りおよそ12L」と書いてあるのを読んで覚えていたつもりでいた。が、後日改めて読んでみたら、「燃料警告ランプが付いたら残りおよそ5L」と書いてあった。あれ…何という記憶違い。12Lという数字は実体験から出てきたもののようだ。しかしマニュアルの5Lという数字は随分逆サバだな。ベスパ(再生産後のスモールボディ)のときは、「リザーブに切り換わってからおよそ1.5L」という情報を信じていて失敗したんだった。実際はリザーブから1Lあるかないか、というところだ。個体差もあるかもしれんが、覚えておいて損はないよ。…つーか早めに給油しろよ。


細部のガタツキというのは

古くなって動きが渋くなるのはよくあることだ。しかし、エアコンの吹き出し口のフラップ(空気の方向を変えたり、閉じたりする部分)が緩くなって、走ってると勝手に角度が変わっちゃうようになってしまった。抵抗をなくして動きを滑らかにするアイテムなら色々あるが、抵抗をわざと付けるにはどうしたらいいんだ。室内だし、グリスとか汚れる系は不可。となると間に紙挟むとか、原始的な方法になるのだが、なんかいい方法ないものかなぁ。

あと、走行中たまにダッシュボード付近がギシギシいう。固定するツメが折れたり外れたりしてんのかなぁ。それとも両面テープの接着が弱くなってんのかなぁ。確認するのも面倒なので放置してます。というか気にしてない。手で押さえると音が止むことは発見済み。クルマ関係の話を読んでると、「ボディ剛性」の話がよく出てくるが、私には乗ってもさっぱりわからないし、このギシギシは少々種類の違うものだとは思うが、前に立体駐車場のスロープの終わりのような雰囲気の場所でボディに斜めの力が掛かったとき、全体が「みし」って言った。大丈夫かこいつ。まあオープンだし、オープンの中でもとくに剛性がある方ではないらしいが。


続・フィアット バルケッタ

私は安全でエコな運転者なので、低回転でおとなしく走る人です。が、ちょっと山道を3000~4000回転以上でつないで走ってみたら、世界が変わった。やばい、楽しすぎる。けど運転技術もないし制限速度もあるからほどほどにだけどね。雪もちらついてたし(ォィ)。

平坦な市街地をトロトロ走ってる分には、2000回転以上を全く使わないでも十分走れます。が、起伏のある田舎道を運転したら、2500回転以下ではシフトできない。これが逆境だ!違う、これが現実だ。クルマなんて走りさえすればいいじゃんと考えれば高い動力性能なんて危険なだけで無駄だという意見も尤もだが、「プラス100ccの余裕」じゃないけど、やっぱり「豊かな低速トルク」とか「余裕の走り」とかも安全に走るには必要なんだなと思った。チンクで100km/hで走るのと、チンクにランチアデルタの250馬力エンジンを載せたモンスターマシンで100km/hで走るのとどっちが安全かって話だ。だって、イタ車でエンジンをブン回すと熱くなっちゃうのが普通でしょ。


フィアット バルケッタ

FIAT BARCHETTA

小船という名を持つこのクルマ。全体のバランスからするとフロントオーバーハングの長いデザインは正直好きじゃないです。BMWのような異様なまでに短いフロントオーバーハングが好きだ。あ、でも同じようにフロントオーバーハングが異様に短くてもその分リアオーバーハングが異様に長いことで全体のバランスを見事に壊しちゃってるクラウンなんかより全然マシだ。というかFFってこういうもんなのだろうが。敢えて書いたけどそんなことはどうでもいいくらい乗ってて楽しいのは確かだ。

最初イマイチかと思ったハンドリングは色々な速度域で走ってみたら実は悪くない(注:街乗りレベルでの話です)。タイヤをもう少し扁平にしたら高速で一瞬感じるモヤっと感が良くなるのかな。もしくは素人の妄想かな。特に驚いたのは高速走行時の直進安定性で、こんなにホイールベースが短い(2275mm)のに全然不安がない。もしかして昔乗ったホンダの某高級車が問題外だったのか。これがフツーなのか。どうなんだ。しかしまあ、ギア比がめちゃくちゃ低い!なんじゃこりゃあ。100km/hで3100回転くらい。ただでさえ幌だし風切り音うるさいし高速でオープンにした日にゃあ何も聞こえないのに、走ってる間中ずっとこのエンジンの唸り具合かよ。高速道路を走ることは前提になっていないようだ。スピードメーターは240km/hまで刻んであるけど計算上220km/hくらいでレッドゾーン入っちゃうぞ。と思ったら5速の許容速度域は200km/hと説明書に書いてあった。って日本国内で乗ってる限り関係のない話でした。まあその分ギア比が近い(クロースレシオ?)のかな、こまめにシフトして走る中速域が非常に楽しい。というか高回転はうるさいだけであんまスムーズじゃないし。あともう少しだけシフトストロークが短かったら最高だなぁ。

ブレーキは利きません。といっても比較対象が10年近く高年式でブレーキ性能に定評のあるマツダアテンザの場合の話だが。あとは…クルマ歴もないし知識もないのでよくわからんけど、最初ハンドリングをイマイチかもと感じたのは、ロックtoロックが2と1/2回転のステアリングってもっとシャープなんじゃないかなぁと何となく思っていたからだが、なんか、とにかく、どうにもこうにも街中での取り回しが悪い!なんじゃこりゃあ。こんなにホイールベースが短いのになぜ回らないんだ。フロントオーバーハングが長いっつってもそんなに極端なわけじゃないし、全体で見たらすげーちっちゃいはずなのに。で、説明書見たら、「最小回転半径5.25m」って。このホイールベースでそれって、どんだけ舵角小さいんだよ。つづく。


雨漏り

今にも雨が降りそうな空だったけど必要に迫られてマキナで出た。案の定雨が降り出した。とある駐車場でしばらく停まっていたら、ポタッポタッと水滴が。Aピラー上部の角から雨漏り。助手席ならともかく運転席側かよ!

なぜ助手席側ならともかくなのか。こいつ、助手席側のガラスになんかガタつきがあって、ドアの閉め方によってたまにサイドウィンドウと屋根の間に明らかな隙間が開いちゃうことがあるのだ。ウィンドウを少し下げて閉め直すと直る。走り出すと風切り音が違うのでちゃんと閉まってるかどうかすぐわかる。これが慣れというやつか。


エンスト2回

もうさすがにエンストはしねーだろうと思い始めていた矢先、右折待ちの交差点のど真ん中でエンスト。慌ててイグニションをひねって再スタートし、もう一度発進しようとしてまたエンストした。しかもイグニションに伸ばした手がワイパーのレバーに当たっちゃって、ワイパーまで動いちゃうし。これは恥ずかしかった。なにせオープンだったから。このクルマに乗るまでマニュアル車運転歴数時間(教習所含む)の初心者だから許して。なぜ教習所を含めても数時間かって?ひみつ。

ただのバカに見られたくて真冬にオープンにしてたのではなく、リアスクリーンについてしまった変なクセが直るのではと(幌を畳むとリアスクリーンは中で二つに丸く折られるので、…説明が面倒なのでパス)試験的に開けていただけである。その甲斐があったのかなかったのか、変なクセは徐々に消えた。って前回のエントリーで既に書いてしまった。その後変なクセと引き換えに「畳みグセ」がつくのだがそれはまあいいや。ケータイにメモってるうちに大量にたまってしまったネタデータを消失してしまう前にとにかく記録に残しておこうと思って急ピッチで書いてるので細かいことは気にしていられません。


5-56

突然、運転席のドアヒンジから「ギキョッ」「ギャェ」と、ドアがもげそうなくらい激しい音が発生し始めた。全然気にしていなかったのだけど、乗り降りする度にひどい音がして恥ずかしいので、たまたま行ったホームセンターで定番「KURE CRC 5-56」を買ってみた。そんなに使わないだろうし、ちっちゃいのでいいやと思ってたのだが、携帯に便利な70mlサイズが399円。20%増量の384mlサイズが348円。…そりゃでかい方買っちゃうでしょ、貧乏性としては。ちなみに、それから数週間以内に複数の別のホームセンターで384ml缶が298円で売られているのを発見して愕然とすることになるのだが。

で、店を出てすぐに袋を開けてノズルを差してドアヒンジに軽く吹き、ギッコッギッコッと3回くらい動かしたら、もう音がしなくなった。それから1ヶ月、音の再発なし。5-56すげー。5-56が何なのかも良く知らないけどとにかくすげー。

その後、せっかく晴れた冬の寒空なんだし、と思ってオープンにしたのだが、幌を慌てて畳んだら中でグニャっとなっていたらしく、戻してみたらリアスクリーンの一部が激しくシワシワになってしまった。かなり動揺&凹んだ。それからしばらく直す方法を模索してたけどビニールのクセなんて放っておけば抜けるらしく、何もしないままほとんど消えてしまった。まだわずかに跡があるけどもうどうでもいいや。イベント発生時の日付にしてるけど実際書いてるのが随分未来なので後日談がたくさん書かれている不思議な日記。いや自分用の覚え書きだから。


自転車パンクした

愛用のシティサイクルの前輪がパンクした。冗談じゃねーよ的な寒い日だったので、リムやタイヤやチューブに悪いと思いつつガタゴト乗って帰った。以前、単に空気が抜けてた(抜かれてた、か?)だけということがあったので、試しに空気を入れてみるがダメ。仕方なく翌日自転車屋さんに向かった。

前輪は、前回パンクして、とっくに寿命がきていたタイヤごと交換してからあまり経っていない。前に行った自転車屋さん(家から2番目に近い)が気に入ったので、今回も最寄の自転車屋さんを素通りして向かった。そこは「タイヤは国産がいい」という確かにその通りなこだわりを持った店で、私の自転車の前輪にも「MADE IN JAPAN」のタイヤを入れてもらっている。iRCというメーカーのものだ。いずれ後輪が磨り減ってきたら同じメーカーのものを入れてもらおうと思っていたのだが…

お店に行くと前回のことを覚えててくれたらしく、話してると、何とiRCの私が使っているサイズのタイヤはもう作ってないらしい。まあわざわざ取り寄せた28インチだからねぇ、需要がないのは分かるが。私が今使っているのが最後の1本である。まだ卸とか自転車メーカーとかで在庫を持ってるところがあるだろうから探してみるつもり、らしい。この手のものは日本製が絶対的に良いとはよく言われているが、安い海外生産品が溢れる今、コスト考えたらやっていけんだろうなぁ。ベスパに履かせてるミシュランだってまさかフランス製ではないですよ(ミシュランブランドの日本製もあるっぽいけど)。しかしこのiRCというメーカーも随分手広く海外生産を行っているようだが、なぜこの単なるシティサイクル用のタイヤは国内生産なのだろうか。まあ、違いも分からないのに品質云々言っても仕方がないか。

ちなみにパンクの原因は絵に描いたような画鋲を踏んだためだった。頭の平らな部分は取れちゃってて外から見ても分からなかったが、中に針が残ってた。

で、何だっけ。


エラン見た

エラン見た。本物を見たのは初めてだ。まあエランなら自分も1本所有しているけど、それはHoytのElanであって、この日初めて見たのはLotusのElanである。これ両方分かる人ってごく限られるんだろうなぁ。両方分かる人コメントください。

ロータスがエランというライトウェイトスポーツの傑作を作った。まあよく知らないけど現代の車に勝るとも劣らない、いや勝ってるのか?という軽快なハンドリングのクルマらしい。ちっちゃくて軽くて、ハンドリングが良くてシフトが気持ち良ければそれが最高のスポーツカーだ、という思想に基づけばこれ以上はないという存在。なのかなあ。

そんなエランに影響を受けた、というかかなりのエンスーとの噂もあるけど、そんな技術者がマツダのロードスターを作った。んなもん売れるんかいなと誰もが眉をひそめたそいつは爆発的にヒットした。なんでも、オトナに受けたんだとか。若い頃あこがれていたけどまあ到底買えなかったスポーツカー。そんな思い出を持つオトナが、180万円で買えてしまう手軽で壊れない夢に飛び付いた、ということか。マツダは潜在的な市場を掘り出しちゃったわけで、その後席はなくとも功績は高く評価される。

そんなロードスターの大ヒットを目にして、各社とも便乗しないわけにはいくまいと、こぞってライトウェイトスポーツ市場に乗り込んだ。らしい。そして、フィアットが送り込んだフィアット的ライトウェイトスポーツが、バルケッタ。らしい。大きさもスペックもロードスター(初代の1.8)とほとんど同じ。重量は100kg重い。…ダメじゃん。いや、ダメじゃない。といいな。そんなクルマに今乗っている。


納車

本日悪友からカー(いや、マキナというべきか→カッコ悪いからやめろ)を引き取りました。こんなタイミングでこんなもん手にする予定じゃなかったのだけど、今も昔もちっとも読んですらいない悪友のブログをたまたま100年ぶりにチラッと見たら「興味ある人は声を掛けやがれ」と書いてあるんだもの、声を掛けちゃうのが人情ってもんでしょ。ちなみに本日っつっても書いてるのは3月です。

最初(事前に試乗して2~3km走った頃より前を除く)から車両感覚が手に取るようにわかるのは車体が小さいからか、それともこのクルマが運転しやすいからか。けど後(のち)にバックするときの感覚が全然掴めない(感覚と実際にズレがある)という問題から自分のセンスが優れているのかもしれないという密かな期待は夜の闇に消えた。

FIAT BARCHETTA 古いアルバムより:納車間もないフィアット・バルケッタ(96年頃…嘘)。でも本当に古い写真みたいでしょ。画質が悪いだけだよ文句あるか。銀塩写真をアルバムに入ったままケータイの低性能デジカメで撮影してPCに取り込んでフォトショで加工した結果だよ。未来の記事で「ノーズの長いこのフォルムは好きじゃない」的なことを書いてるけど、この写真のバルケッタはとても好きだ。幌さえしなければこんなに流麗な横っ面。だから雪の降る季節でも幌しない(若干本当)。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。