スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォークのベアリング調整

前にアルミを履いたとき、何気なくハンドルを動かしていたら、センター付近でわずかながらコクっと止まる(据わる)ポイントがあるのを発見。それまで、ベスパのステアリングはセンター位置で止まらない(スタンドを掛けるとフロントタイヤは接地しないので、ステアリングをまっすぐにした状態で写真を撮ろうとしても、手を放すと右か左にカタンと切れてしまう)と思っていたので、あれ?と思ってTさんに訊いてみる。すると。

あ~これはベアリングの調整が必要ですね。こないだ(だいぶ前だけど)新品のベアリング組んだでしょ。その時、だいたい見越して調整しといたんですけど、たまに、しばらく乗ってるとこうなっちゃう場合があるんですよ。このまま放っておくとガタが出ちゃうんですよ。

みたいな話だったので、ガタが出る前に早急に調整を…という話だったのだけど、日程の折り合いがつかず、結局1ヵ月後にようやくその日を迎えた。まあその間大して乗っていなかったので大丈夫だと思うが。

で、ベアリングを調整するにはハンドルカバーを一旦抜かないといけないのだが、これが…フォークが社外品(Tさん曰く「パチモン」)なせいもあって、相性の問題もあって、ハンドルカバーががっちりはまっちゃって、抜けない模様…。しばらく方法を思案し、あれこれ手を尽くし、ガンガン叩いてようやく抜けました。その模様は大変なのでカット。

ベアリングの調整は、まさに職人芸的な感じだった。木槌とドライバー(?)でガンガン叩いて、ベアリングを回してみて、またガンガン叩いて、という感じで調整していく。マニュアル通り・設計図通りにするのが好きな私は、こういう、感覚・感性・カンに頼る職人芸が苦手だ。いや、職人芸を愛するあまり、その極み(決して行き着くことのできない境地)である、マニュアル通り・設計通りにすればピッタリ行けてしまうことに憧れを感じている、とでも言おうか。

何のことだかわからんね。

スポンサーサイト

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。