スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前輪グリップしない

以前からその気(け)はあった。特に2人乗りなんかで、スロットルをガー開けてクラッチをパーつないだら前輪は浮いた(当然ながら、ウイリーする、ってほどではない)。けど、エンジンに手を入れてから、それが顕著になった。普通に発進しているつもりでも、そこが急な上り坂だったりすると(いわゆる坂道発進ってやつ。私はMTの4輪車でもコレがすんなりできるだろうか。不安である)、前輪が浮き気味になる。

この日は、その前輪の接地感のなさを、普通に平地を加速している最中に感じた。このバイク、飛び立とうとしてんじゃねぇの?と思えるような時も。加速しつつカーブを曲がったときなんかは、ちょっと怖かった。加速が異様に速くなった(ノーマル比。一般的に、ではない)せいもあるけど、この日は風が強かった。強い向かい風の中を走ると、以前は失速していた(本当)のが、今はグイグイ走る。その代わり、風に逆らって前へ行く力よりも風に乗り上げて上へ行く力が強くなったらしい。ダウンフォースを得るためにフロントウイングが欲しいと本気で思った。

ただでさえリアヘビーなベスパである。リアキャリアは付けても、スペアタイヤは後ろへ移動したりしない。どんなに足元が狭くても頑なにレッグシールドの中。買う前からずーっとそう心に決めていたのは、外見的な問題だけでなく、こういう状況を想定していたからに違いない。まあ大幅に脚色しているけど。
[2005年12月13日]

スポンサーサイト

3年目のアニュアル燃費は

最高:31.1km/l
最低:22.0km/l
平均:24.2km/l(メーターワイヤー切れ期間を含む)

3年目は、ガソリン漏れという直接的な影響案件がなかったが、終盤になりエンジンの大幅整備&チューンという劇的な変化があった。しかし、その前後での燃費の変化は、全体として1km~2km落ちたような気はするものの(面倒なので計算していない)、チューン前の最低燃費は22.6km、チューン後22.0kmだし、最高燃費に至っては、チューン後の方が高い。走り方に因る部分の方が明らかに大きい。ようするに大して変わらない。メインジェットの番手が6番くらい上がったのに。それでいて明らかに走りやすくなったのだから、すばらしいことだ。

31.1km/lは、国道4号(だっけ?)を、ひたすら直進していたときの記録。別に燃費を意識したわけじゃなく、ほとんどスロットル全開で走っていた。だって、早朝だったし、そうでもしないと長距離トラックに30回くらい潰されていただろう状況だったから。このとき最高瞬間速度105kx/hを記録。
[2006年1月20日]


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。