スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロントフェンダーのネジ落ちかける

走ってたら、特定の回転数域で「ビィ~」と何かが共振する音がするのに気付いた。原因を探ってみると、フロントフェンダーを横から留めているネジだった。緩んで出っ張ってきている。それですぐ締め直せばいいんだけど、めんどくさがりというのはここが厄介で、実はしばらくそのまま走っていた。ま、落ちちゃったら落ちちゃったでいいや。いいのかよ。

ある日ガレトミに寄ろうとしたら、営業時間中のはずなのに閉まってたので、今日出掛けたついでに再度寄ってみた。お客さんいたけど、ネジが緩んじゃったよ~と告げると、「あ、じゃあ締めますね」とすぐに工具を持ちに行ってくれる。めんどくさがりが甘えてしまうのも尤もである。しかしよく考えたら、めんどくさがりのわたしは、ナットが落ちちゃってるのか、単に緩んでるだけなのかすら確かめてない。Tさんが工具を持ちに行ってる間に触って調べようとするんだけど、フロントフォークのある側の後ろから手を入れると、届かない。あれ?と思ってるとTさんが工具とともに来て、フロントフォークとは逆側の前から手を入れて、「あ、ナット残ってますね」。


いつもはWAKO'Sのエンジンオイルを使ってるが、ひょんなことからCastrolの安いオイルを使ってみた。色が違うので入れるときに違和感があるけど、別に問題はないです。問題ないと言っても、「正常に走る」ってだけだけど。微妙な違いがあったとしても、わかんないだろう。絶対。
[2004年9月21日]

スポンサーサイト

道狂想曲

某幹線道路の途中にあるトンネル、というか部分的に道路が地下にもぐっているところ、を走っていたら、出口付近が超~渋滞していた。空気も悪いし、隙間をスイスイ抜けていくんだけど、出口付近の坂道でトロトロ走っていたら、後ろから迫ってきたマジェスティ(だと思う)から、「はやく行けよぁ~」という声が飛んできた。ちょうど横に避ける隙間ができたので、「だったら先行けよ!」と言って道をあけると、案の定「あぁ!?」というヤンキー調の返答とともに視線が飛んできた。手振りで「どうぞ」と合図すると、こっちをチラチラ見つつ先に行ってしまった。そしてすぐ合流地点の渋滞でつっかえて動けなくなっていた。まあ、ほんの20mでも早く前に行きたいという気持ちはよ~くわかります。自分も、せまい日本そんなに急いでどこに行くかわからなくても急ぎたい人なので。

全然、まったく関係ないけど、今までに見た中で、最も激しく交通違反をしている車両のことを思い出した。50ccのスクーターに3人(大人1人、子供2人)乗って、全員ノーヘルで、一方通行を逆走していた。見た感じお父さんと子供という雰囲気ではなかったし、親戚か知り合いのお兄さんが子供を乗っけて遊んであげてる、という感じだろうか。一方通行と言っても、極めて車通りの少ない裏道で、なのに道幅が異様に広い(両端にアクセラが路駐してあっても間をアテンザが通れそう)というところなので、別に問題ないでしょう。ガキが道路にチョークで落書きしてるのと同じようなもんだ。タクシーがウインカーを点けるのと同時に急に曲がる(合図の意味ないじゃん)のとか、細い横道がいっぱいある道路で教習車がウインカー点けたまま何十メートルも直進する(どこで曲がるかわかんないじゃん)のよりは、害がない。

道路は戦場であり、パフォーマンスの場である。
[2004年9月21日]


ベスパドック/消えないストップランプ最終章

あちこちガタが来てたので、というのはこの時点では知らなかったのだけど、とりあえずブレーキペダルの戻りが悪く、踏んで放してもストップランプが消えなかったりしてたので、直してもらうついでに、全体的に点検してもらうことに。2ヶ月間記事がないけど、問題がなかったわけではありません。リアブレーキの問題は、実はずっと前からわかってて放置していたことであり、さらにはリアタイヤの溝がそろそろなくなってきているのと、さらさらにはオイルやプラグもそろそろ交換時期かも、みたいな状態で、どうせやるなら一斉に、と思って時期を伺うという名目で延ばし延ばしにしてきたのであった。

前日に思い付きで「そろそろ直したいんだけど」と言い、「明日なら空いてますよ」「じゃ明日で」てな感じで半日の検査入院が決まった。半日入院と言っても、店に一旦置いて出かけて、帰りに引き取るわけで、店と駅を往復せねばならなかったり、手間は大きい。ベスパの、「足」としての偉大さを思い知る時間である。でも途中には古本屋があるので、無駄遣いするには絶好のルートである。この日も何か買ったんだっけ?最早覚えていない。

自分の覚えのために修理内容を書いておこう。距離は16170~80くらい。

  • リアブレーキシュー交換
  • リアタイヤ交換
  • リアブレーキインナーワイヤー交換
  • ギヤオイル交換
  • プラグ交換

あともしかしたらオマケでストップ球交換してくれてるかも。ストップランプ点きっぱなしで走ってたせいで、電球切れちゃってたような気がするんだけど。ペダルの戻りが悪かったのは、当初からブレーキドラム内のスプリングが疑われてたのだが、実際はワイヤーが犯人だったようである。あまりにスイスイ戻るので感動してしまった。これが普通なのね。普通ってすばらしい。

ついでに、これも自分の覚えのために、今後想定されるトラブルを書いておこう。まず、フロントタイヤおよびステアリングのベアリングにガタが出るかも。シフト・クラッチワイヤーが切れるかも。クラッチが滑り出すかも。嗚呼、何かと金の掛かる足である。
[2004年9月21日]


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。