スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40ベイビーズ

『40ベイビーズ』★素人インプレ系。

ななし乃与太郎著、講談社、1989。コミックですね。手に入らなくて、でもそれほど熱心に探してたわけでもなくて、ある日ようやく、やっとの思いで、偶然手に入れた。そして初めてタイトルの読み方を知った。モーターロックと出会わなければ読むことなんてあるわけがなかった作品。しかし、これはスゴイ。絵がいい加減だとかそんなことはどうでもよくなるくらいスゴイ。だってツマンナイんだもん。結末の持っていき方はともかくとして、くだらない若者のくだらない日常。それを見事に紙の上に転写している。あまりに見事に再現しているものだから、本当にツマラナイ。一種の才能だろう。そして同時に立派なマガイモンである。外国人(アメリカ人?)が「ALL LIGHT」とか言ってるし。でもそれでいて、計算し尽くされている部分も実はあるんだかないんだかで、薄っぺらい絵と浅はかなストーリーでありながら奥行きさえも感じさせる。…けどやっぱりツマンナイ。本当に、ダルくなる。

そして、久々に電車に乗ってこれの1巻を読み終えた、そんなダルイときに事件は起こった。チャリでの帰り道、白チャリに乗ったお巡りさんが前を通り過ぎたとき、思わず追っかけて蹴飛ばしそうになったのだ。おいおい俺は何も悪いことしてないぜ。なんでだよ。もう完全に神経まで到達してしまっていて、いけない物質が生み出されていることに気付かずにいたのだ。危ない危ない。これこそRESTRICTEDですよ、ヨンマルベイビーズおそるべし。

まあそんだけ書くとただのコミックレビューであるが、全編を通じていい味出してる脇役のベスパ君、はじめはいわゆる台湾ベスパの125ES(たぶんね)なんだけど、終盤で本国イタリアの125ET3にすり替わるんですねぇ。芸が細かい、と言うべきポイントじゃあないけど、ポイント高い芸当である。これについては同氏の『モーターロック』4巻を読むと、よーくうなずけると思います。是非。
[2004年4月30日]

スポンサーサイト

東京メトロ

生まれて初めて東京メトロに乗ってみた。もちろん営団地下鉄には何度も乗ったことはあるけど。そしてアナウンスにノックアウト。「The next station is しんこうえんじ.」。普通に英語発音なんだけど、駅名だけは完全な日本語発音。これは画期的かもしれないぞ。なんでそうしないだろうと内心ずっと思ってたことをさらりとやってのけてくれた感じで、これは株が上がったよ。世の中にはまだ「nichu mae」とか「ogado west」とか奇天烈な横文字がいっぱいだからね。こういう密かなところに密かに喜びを感じられるのであれば、大改革であれマイナーチェンジであれ歓迎すべきものと言えます(とか偉そうなこと書いといて実は以前からこうだったりしたらごめんなさいね。とにかくこの日初めて耳に止まったのです)。

名称変更には懐疑的な意見しか聞かなかったけど、確かに帝都高速度交通営団という名称は好きだったけど、旧型ロゴは名古屋市交通局の地下鉄ロゴの秀逸さに比すれば別に思い入れがあったわけではないので、いいんじゃないでしょうか。夜の街を歩いてて目に入った新しいロゴ。以前の濃い青とは違って、結構存在感ありますね。世の中がランゲージレベルでいうところのはっきりした色を好むであろう中にあって、青と緑の中間色を採るとはまことに天晴れなり、と嬉しい気持ちで近付いてみたらただの水色だった、という出来事はあったものの、悪くは思いません。ただ古いロゴの町並みを写真に収めておきたかったと今更ながらに思う。

内部の話に移りまして、というかすでにアナウンスの話で内部からぶった切ってはいるんだけど、駅に番号というか記号というか通し番号を振ってるのが、その振り方が、またツボだった。通し番号といえば、市が運営というか何というかする100円バスなんかを連想しますが、あれはいかにも、「お年寄りにもわかりやすいですよ~」という意図だけで成り立っている感じだけれど、メトロは、うまく言えないけれど、イタダキマンとかヤッターマンとかそんなキーワードがふっと頭をよぎるような感じがして、すごく好感が持てますね。なんでだろう。サンダーバードはちょっと違うかな。わかりますかね、この感じ。わかるわけないよね。わかるわけないように書いてるからね。まあ、普段の生活で縁がない人も、適当に機会を見繕って乗ってみてください。

メトロって、東京地下鉄株式会社なんだね。なんて普通なんだ。


古いハーレー・ダビッドソンと、消えないストップランプ

信号待ちで、ちょっと年代物っぽいハーレー・ダビッドソン(以下HD)に乗った初老のライダーと並んだ。そしたらそのおじ(い)さんが話しかけてきた。

これ(わたしのET3)何キロくらい出るの?これ、プリマベラでしょ?
プリマベラのET3ってモデルなんですけど、――カタログだと90km/hになってるけど、実際は80km/hちょいですかね
あーそんなもんなんだ。いやぁね、コレの100(Vespa 100 Vintage)買ったんだけどさぁ、70km/hくらいしか出ないのね。それで、おかしいんじゃないの?って思ってたんだよ
あー実際はそんなもんみたいですよ。ところでそれ(古そうなHD)、古いんですか?
あーこれ、うん、古いよ
カッコイイっすねぇー(まじまじ)
いや、汚いだけだよ(笑)
そして信号が青になる。

ベスパに乗ってると、知らない人(主に50代~60代くらいのおじさん。主にというか、ほとんど限定)に話しかけられることが多い。個人的には、ペットや赤ちゃんを連れていると話しかけられやすい、というのと似たようなもんだと思っているのだが。国産の普通のスクーターでは絶対にないことである。話題性があり、かつ一般的に(バイク人の間では)認知度の高いベスパならではじゃないでしょうか。まあ、悪いことじゃないよね。

そして古いHDもカッコイイ。でも、カッコイイけど、乗り手を選ぶ。いい感じの初老の男性がカッコよく乗りこなしているから、絵になるのである。だから私は乗ろうと思わない(…金銭的にも)。

にしても、ちょっとこだわりのでかいバイクに乗ってる人が、セカンドバイクというか足というかのために、ベスパを買うってのが結構あるみたいだ。だよね、「普段の足はDioです」とか、実用的だけど、反則な気がするもんね。ベスパなら許されると思ってるのだろうか。って、そういう問題かよ。

そして、自分のベスパに視線を戻す。習慣で、ストップランプを確認してみる。と…消えない!ペダルを放しても消えない!またかよおい。ほんと、手の掛かるペットである。ショップにまかせっきりだけど。飼い主失格かな。
[2004年6月20日]


フロントフェンダーのネジ落ちる

どうでもいいことだが、フロントフェンダーを横から留めているネジが落ちているのに気付いた。前に2度ほど、ナンバープレート付近のネジが落ちたことがあるから、把握しているだけで3度目である。そういえばレッグシールドミラーが振動で傾くようになってしまったので、ネジを締めなおした(16分の1回転くらい)ばかりだ。ほんとどうでもいいんだけど、考えてみたらネジが緩んだり落ちたりするなんて、現代のハイテクマシンではありえないんだろうなぁ。しみじみ。

フロントフェンダーは、上と横の2箇所でフロントフォークに固定されています。なので1本落ちても特に心配はないです。触ってみるととってもグラグラなだけです。たとえ2本とも落ちちゃっても、フェンダーが落ちることはありません。フロントフォークに通してあるので、フォークを抜かないと外せないのです。思えば厄介な構造ですな。それによって継ぎ目のない美しい外観のフロントフェンダーを実現、ならわかるけど、思いっきり溶接のラインが主張してるし。

で、例によってガレトミで直してもらいました。自分で適当なネジを探して付ければいいんだけど、甘えグセがついてしまった。行ってみると、忙しそうにしてるのに、「似たようなネジならありますよ」と言って、すぐにネジを持ってきて留めなおしてくれた。すばらしい。このネジは裏側がナットなので、振動でそれが落ちて、ボルトも抜けちゃったみたいです。

ところでコレ、カタカナ用語がわからない人が読んだら意味不明だよね。ある程度はしょうがないけど、本来のコンセプトからずれちゃってるなぁ。フロントフェンダーは「前輪の泥除け」、フロントフォークは「前輪からハンドルまでつながった棒」とでも書くべきか。日本語にしただけのような気もするが。あ、でもフォークなんて、自転車でも言うし、ごく一般的な用語だよね、たぶん。

フロントフェンダーのネジ

やじるしが、落ちたネジ。微妙な水色で示したのがフロントフォーク(イメージ)。ハンドルまで直結してる。ここまで親切で悪いか。
[2004年6月20日]


プラグ交換とアイドリング

なーんかそういえば最近、エンジンの掛かりが悪いなぁ、と思っていた。どうも色々気になる季節らしい。徐々にキックの回数が増えていったから、気付くのが遅れたのかもしれない。いつのまにか、こりゃあさすがに掛かりが悪すぎるんでないの?というところまで来たので、プラグを換えてみることにした。というかちょうど交換時期だった。

プラグだけは常に予備を持ってるので、その場でも交換できたのだが、習慣で、ガレトミに行って新しい予備プラグを買うのと同時に交換することに。しかも面倒だから交換作業もやってもらっちゃうことにしたりして。だって、シリンダーヘッドはアルミなので、プラグをきつく締めすぎてネジ山壊しちゃってもイヤだし(昔、ねじ山壊しの帝王だった)。んであっさり交換してもらったんだけど、実はもうひとつ用事があって、アイドリングを見てもらいたかったのだ。

アイドリングってどんくらいがいいんだろう。私は、とにかく低いのが好きなのだ。燃費にも環境にもプラスに働きそうだし(それは理由じゃないけど)。可能であれば100rpmくらいまで下げてみたいところだが、ET3のCDI点火というやつは、他のヴィンテージのポイント点火に比べ、そういうのは向いてないらしい。ポイントのほうが粘りがあるそうで。なのでまあ可能な範囲でだいぶ低めに設定してもらった。アイドリング調整は実はネジ1本でできるし、しかもドライバーとか使わずに手で回せる。今までどのネジなのか知らなかったのだよね…。これで好きなときに好きなようにアイドリングが調整できるようになったぞ。気温や湿度によってもアイドリングは変わるらしいからね。

低いアイドリングへの憧れのウラには、やはりハーレー・ダビッドソンのVツインが放つ「ドドッドッドッドドッ」みたいな不規則な鼓動への想いがあるのだが(たぶん)、直接的には実はラビットなのだ。そう、富士重工の。ある日の夜、池袋くんだりを走っていたら、信号待ちでピンクナンバーのラビットに出くわした。あたりはちょうど車がまったくいなかったので、聞こえるのはラビットのアイドリング音だけ。そしたらそいつ、すごいんだよね。「パン、パン、パン、…」という、まさに手動でカウントできる回転数。当時の自分のET3は「ドドドドゥダダ…」。このとき大きなショックを受けましてね。あー自分が求めているのはこれだったんだー!と。理想に一歩近付いたかな。

ちなみに後日談。プラグを交換した途端に、ウソのようにエンジンの掛かりが良くなりました。キック1発当たり前。なんだよーこんなんだったらもっと早く交換すればよかった。高くないパーツなんだから、思い立ったら即交換、くらいがいいかもね。そして、アイドリングも好調です。徐々に温かくなる気候を読みつつ、自分で更に低くしたりして。ストールしない程度にね。
[2004年6月4日]


「片減り物語」調査

ここ最近ずっと気になっていたことがある。それまではまったく気にならなかった、というかそういった様子はまったく見られなかったから、気にするはずもなかったのだが。

なんか、フロントタイヤが、片減りしてるようなのである。えーと、進行方向左側が、より深く削れている感じ。なぜだろう。つーかまあ設計上も精度上も左右対称からは程遠いベスパ氏なので、別に驚くべきことではないのだが、原因が気になって、色々考えていたのであった。

  • オフセットされたエンジンのせい
    ヴィンテージは、エンジンが右側にオフセットされており、左右の重量バランスは明らかに右側が重い。ので、まっすぐ走っているときは必然的に左に少し傾いていることが考えられる。よって、タイヤの進行方向左側が減りやすい。
  • 日本の交通制度のせい
    日本の道路は、左側通行である。つまり、右カーブ・左カーブを均等にしていたとしても、右に曲がるときは常にアウトコース、左に曲がるときは常にインコースということになり、バンク角は左のほうが深くなる。よって、タイヤの進行方向左側…。
  • 日本の交通制度のせいPart 2
    市街地にワインディングはあまりないので、急なカーブといえば交差点くらいであるが、右折する時は一旦停止して直進車が途切れるのを待つことがほとんどなのに対し、左折の場合は、横断する歩行者がいなければノンストップで曲がることも少なくない。つまり、タイヤに負荷が掛かるような、ある程度の速度を伴った急角度での方向転換は、左折が圧倒的に多い。よって、タイヤの…。

という具合で思っていたのだけど、どうでしょう。まったく関係ないものもあれば、多少絡んでるのもあるかもしれない。で、この日Tさんにそんな話題を振ってみたのです。なんでですかねぇ。そしたらこんな答えが返ってきた。

  • 片持ち式フロントフォークのせい
    ヴィンテージのフロントフォークは右側片持ち式で、(左右非対称のホイールを見ればわかる通り)支軸は左側に偏っている。このため、ブレーキング等で負荷がかかると、どうしてもタイヤ下側(接地面)が右方向に逃げてしまい、結果的にタイヤの左側の摩擦が大きくなる。よって…。

ということだ。一部自分の想像を加えて発展させたので、違っていたらごめんなさいだが、結論は正確性を求めない。なぜなら、「まあ、いろんな要因が折り重なって片減りを形成してるのかもね」というのが結論だからだ。
[2004年6月4日]


続きを読む

サイド+フロントバンパーつける

20日ほど前にホにょラリーで購入した、ビガーノのサイドバンパーとフロントバンパーでありますが、この日、ガレトミで付けてもらうことにしました。自分でやってもよかったんだけど、某雑誌に、「サイドバンパー付けるのに4時間くらいかかった」とか載ってたので、これは信頼できる人の手を煩わせたほうがよさそうだということで、当初の予定通り持ち込んで頼むことになりました。

まずはサイドバンパーです。ご存知の通り(?)イタリア製の車体にイタリア製のパーツなので、個体差がすごいです。運がよければすんなり付くが、相性が悪いと、どうがんばってもネジ穴が1cmずれる~みたいなことも普通にあるらしい。そんなこんなで若干苦労したフットステップ部分。スタンドを外して(その間わたくしがベスパを支えておりました)作業したりもしたので、こりゃあ自分ではできなかったなと、Tさんの手を煩わせて正解だったことを喜びました。

しかし本当の苦労は、ボディー後端側の取り付け(下の写真左側。ダート走行(?)の後なのでとても汚いですね)でした。なんか、うちのベスパはボディーの後ろの溶接がやたらと凸凹していて、どうしても出っ張りが干渉してうまくパーツがつかない。キャッチをペンチで拡げたりワッシャーを噛ませたり四苦八苦してるうちに、取り付けボルトを締めたらボディがボロッ!とかいって。パテ加工してあった部分が大幅に欠けちゃった。この部分に関しては、後日緩みが発見されたりして、ちょっと据わりが悪かったので、自分で一旦緩めて位置をちょっとずらして締め直したりしました。現状ではすんごい斜めってるので、いずれは一旦外して、ネジ穴をちょっと加工して付け直したいと思いつつ、めんどくさくてやってません。この説明を読んで理解できる人は経験者以外まずいないと思いますが、まあなんかごちゃごちゃと大変だったのね、と想像してください。

ボディー後端の取り付け部分。この中に数多くのドラマが フロントバンパーの取り付け

さて、次にフロントバンパーなんだけど、これはネジで鉄板を挟み込んで止めるだけ(上の写真右側。ダート走行(?)の後なのでとても汚いんですよ)なので、キズを防ごうと、ゴムのようなスポンジのようなもの(ドアの隙間を埋めるために買ったのの余り)を持参したのだけど、ネジで締めると穴が開いちゃうので、あまり意味がなかった。ちなみにフロントバンパーも、もともとフロントフェンダーが歪んでるのもあってなんとなく納まりが悪かったので、後日、一旦自分で外してフェンダーの歪みを直して付け直した。ああ、Tさんの手を煩わせておきながら、フットステップ部分以外は結局自分であーだこーだやってる。

フロントバンパー サイドバンパーのリアエンド
サイドバンパーのフットステップ部 サイドバンパー
▲デジカメの「夕日撮影モード」で撮ったので、ピンボケです。

さて、仕上がりはどうでしょう。なんか、大げさな台形の装飾が、違うよね。ドレスアップというものの方向性を、わたくしはここで一気に踏み外してしまったような気がします。でもこれで一回り強くなったような気がするので、せまりくる危険にも果敢に立ち向かっていきたいと思います。
[2004年6月2日]


青梅街道の風スポット

やたらと風の強い日だった。いつもなら両手放し運転なんて余裕なのに、この日はそんな、無理に決まってんじゃん、という感じだった。駐車中でさえ、風で倒れやしないか心配だったくらいだから。春ですね。

で、そんな中を颯爽と駆ける帰り道。もーほんとマジでハンドル取られないようにするので精一杯だったくらいなんだけど、結構楽しかったりして。以前ガレトミで、Pに乗ってて横風受けて転倒した人がいるという話も聞いていたし、某第3セクターの単線・単車両ディーゼル機関車の路線では、土手の合間を縫って走る途中、土手が一瞬途切れる場所に「横風注意」なんていう標識が出ていたし、機関車がどうやって横風に注意するのか不思議に思いつつも、風って危険なんだなぁとは知っていたけど。でも危険な目には特に――

遭いました。もんのすっごい強い、横風というより乱気流みたいなのに弄ばれ、本気で転倒しそうになりました。一瞬だったけど、色んな方向から押されに押され、気分的には車体が左右に45度くらいまで傾いた。気分的には。うん、よく持ちこたえたなぁ。場所は、新宿から青梅街道を走って、山手通りと交わる「中野坂上」交差点を過ぎてすぐ、100mくらいのところ。

その後しばらくの間、同じ場所を通る度に風を気にしていたのだけど、あの場所は普通の日でも変に強く乱れた風が吹いてるみたいだ。周囲の地形がちょうどそういうふうになってんだろうな。世の中には「かまいたち」なんてのもあるくらいだから、あり得る。それとも単にネコバスとトトロが交差したのか。風って怖いもんだと知って、より風を思うようになった。昔から風は好きなんだけど。ベスパ、モノコックボディとスイングアーム上のエンジンで重心はそんな高くないのかと思ってたんだけど、やっぱそうでもないかな。ポジション高いし。
[2004年6月2日]


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。