スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッグシールドミラーつける

7月2x日

↓なにがどうなのかについては、インプレ記事参照。

スッキリ by KDDI

入手してから長らく放ってあったレッグシールドミラーを取り付けた。簡単だった。なんで今まで放ってあったのだろう。取り付け部分の形状は確かにちょっと変わってて、レッグシールドにも、パイプフレームにも付けられるようになっている。説明書もアドバイスも何もないけど、でも取り付け方法なんてのはまあ見ればわかります。知恵の輪じゃないのだから。でも手をつけあぐねていた。理由は簡単。どこいらへんに付けたらいいのかさっぱり見当がつかなかったからである。昔っから、どうでもいいことには理屈や理論やインスピレーションや神の導きに裏付けられた確信を欲しがる性格で。

そこで参考にしたのが、『ベスパ! ビバーチェ』byスタジオ タック クリエイティブと『モーターロック』byななし乃与太郎である。ベスパの絵や写真がいっぱいあるから求めるビジョンもそこにあるのではと。でもなかなか決定的なものがなく、なんとなく下寄りかな~くらいしかお告げはなく。とりあえず取り付けてみることにした。試行錯誤の末にこそ真の成功が待っている。って、じゃあなんで長いこと放っておいたのだろうか。

で、試行錯誤…と思いきや、一瞬で確定した。ぎりぎり下の方。理由は簡単。フロアレールぎりぎりにつけないと、ミラーがハンドルに隠れてしまって見えないからである。さっさとやればよかった。

でも改めて雑誌や何やらを見てると、結構高い位置に付けている人が多い。あれで見えるのでしょうかね。1.体格(主に座高)とライディングポジションの違い。2.どーせ見づらいんだから、飾りと割り切っている。
[2003年12月11日]

スポンサーサイト

消えたストップランプ4/タイヤもう交換

今回は、不人気ミステリーシリーズ「消えた~」との豪華二本立てでお送りします。

なんか気付いたらタイヤの山がなくなっていた。GARAGE TOMIOKAで、これどーすかね?と訊いたところ、「正直もうやばいですね」と言わたが、それから数百km走った。そしてついに交換の時が。って、何km走った?途中でパンクして新品だったスペアに換えたから、実質5000km走ってない!これは減りが早すぎる。まあブレーキで後輪ロックとかしょっちゅうやってたので仕方ないかもしれない。と、雑誌を見てたら、「ベスパのタイヤは2000kmくらいで交換時期が来るので…」とかいう記事を発見。それはいくらなんでもないでしょ?と思ったが、タイヤのメーカーによっては、ゴム質がものすごーく柔らかくて、でも別にグリップがいいわけでもない、なんてものもあるらしいので…という話だった。しかしわたくしは天下のMICHELINを履いている。やはり減りが早すぎる。

でもって、タイヤだけならまだしも、リアのブレーキシューまで交換。ブレーキペダルの踏んだ後の戻りの悪いのがずっと気になっていたのだが(「の」連発作戦)、これが原因なのかかどうか、とにかく交換することに。リアヘビーなベスパは、フロントブレーキが冗談のように効かないせいもあって、リアブレーキに頼りがちだ。でも別にフロントブレーキ使ってないわけじゃあないんだよ。なのに、5000km超で交換とは。人によっては2万km以上もつ人もいるという。たしかに急発進急停車の燃費が悪い走りかたをしてはいるけれど(と言ってもそれは自分にとってそうであるというだけで、実際の加減速度は自動車がふつーに加減速するのより遅い気がする)。そういえばピアジオの誇る快速スクーター、スキッパー(125ccで最高速度108km/hを誇る。高速走れないし、公道では意味なし)は、フロントブレーキの効きもいいがパッドの減りが早く、4000km程度で交換時期が来る、と言う話をどっかで見た気がするのだが本を見返しても発見できない。記憶違いか。


さて、そして実はずっと気付いていてほったらかしにしていたのだが、またもや、ブレーキランプが点きません。もう慣れっこです。でもやっぱり直してもらおう。ということで見てもらうと、途中まで電気は来ている。どうもベース(反射板と一体になっているソケットといいますか、そんなところ)が怪しいということで、新品を取り出してきて交換。するとばっちり点くように。しかも部品代はいいです、と。有難いことです。ついに直った。4部完結。

と、思いきや、その直後また点かなくなってしまったのであった。つづく。


タイヤ交換、のついでに書いておこう。以前パンクした時の記事で、後輪のほうがタイヤ交換が大変なわけを省略したのだが、それは、わざわざ書かなくてもその記事を読めばわかります。が、わざわざ書きます。

  • 前輪に比べ奥まったところにある。
  • 前輪はスタンドを掛ければ地面から浮くのに対し、常に地面に接しているため、ジャッキが必要。
  • マフラーを外さないとタイヤが外れない。

[2003年10月18日]


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。