スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリップギヤチェンジ

「グリップギチェンジ」★素人インプレ系。

こういう基本的なところは、もっと昔に書いておくべきだ。すっかり慣れて、それが当たり前になってしまうと、はじめ感じた新鮮な驚きなんかの感情を忘れてしまうではないか。え、待てよ、そんなに驚いた憶えがないぞ。だからこそ最初にこの記事を書こうと思わなかったのではないか。ということは、特徴的で、よく取り上げられてはいるけど、クセのある、馴染みにくい機構ではないということだ、グリップチェンジ。たぶん。

ハンドチェンジとか、ハンドルチェンジとか、色んな呼ばれ方をするけど、要するに、普通のバイクでは左足で操作するギアチェンジを、クラッチを握った左手でハンドルグリップごとパコっと回すことでこなしてしまおうという、「クラッチレバーと一体化した独自の」(成川商会の広告より)機構※1であります。言い回しに苦労した割にいまいちだな。二輪車全般に疎い私だけでなく、普通にベスパの存在くらい知っている人でもグリップチェンジのことは知らない人もいるものだ、というのを知って、改めて紹介しましたとさ。たしかに、専門誌でも読まなきゃあえて触れられていないからねぇ。そうです、ベスパはマニュアルシフトなのであります。今の時代、スクーター(=便利な乗り物)で、オートマじゃない(=便利じゃない)のなんて、現行車ではベスパくらいじゃないだろうか※2

そんなベスパも、Vintageシリーズは既に生産終了。残る現行PXシリーズも排ガス規制の問題で色々。後継のET2、ET4、GTはみんなオートマ。世も末だ。違うか。


ところで、なぜ左手に操作を移したのか。ギアボックスはエンジン近くにあるので、足元に操作系を置いたほうが当然機構としてはシンプルだ。ベスパ初期のロッドチェンジモデルなんてのは、ギアボックスからハンドルまで、“棒”ではるばる動きを伝達しているらしいし、もっと取り回しに融通の利くワイヤー方式になってからは、ワイヤーが切れるという問題も生じている。機械の立場からすれば、決していい選択ではない。何でも、足での操作に納得いかない設計者が考え出したそうだが、確かに、信号待ちでニュートラルで停止して教習所の教え通り後輪ブレーキをかけて左足を地面について停まっているバイクが、信号が変わる前に一旦後輪ブレーキを放して右足で車体を支えつつ左足でギアをローに入れて、再び左足を地面について右足をブレーキに乗せ直して青信号を待つ(わざとわかりにくく書いてみた)のを目にする度、何とも言えない違和感を覚える。二輪車は、走っている時以外は常に支えを必要とするのだ。片足を完全に操作から開放しようという考えは、うなずける。カブにクラッチレバーがない(配達等で物を持ったまま乗れるように、左手を完全に操作フリーにした、らしい。何とも不思議な半オートマ)のと同じだ。同じにするなよ。

■乗ってみて

「新車の時はすこしギヤチェンジが固いですが云々」と成川商会の広告に書いてあるほどだから、はじめは相当重いんだろう。しかし、私のET3は新車ではない上に、GARAGE TOMIOKAオリジナル強化ワイヤーが組んであるので、ノーマルとはだいぶ使い勝手が違う(とにかく軽~い)と思われる。また、チェンジ/クラッチのワイヤー切れ問題も専門誌で頻繁に取り上げられているが、GARAGE TOMIOKAオリジナル強化ワイヤーを組んでいれば、そういったトラブルはほぼ皆無といっていいだろう(あくまで消耗部品なので、永遠に切れないわけじゃありません)。さあ、あなたも今すぐワイヤー交換!…一寸宣伝してみた。

ただ、それでもET3のクラッチというのは、通りすがりの国産のでかいスポーツバイクに乗っている人が二本指で軽々とクラッチレバーを操作しているのを見て愕然とする程度には、重いらしい。
[2003年4月17日]

スポンサーサイト

続きを読む

消えたストップランプ3

下の記事で、GARAGE TOMIOKAに寄った理由を思い出した。それは…シリーズ第3弾、あの現象が帰ってきた。恐れるな。バルブは変えられる。消えたストップランプ3。絶賛消灯中!そうです。またストップランプが点かなくなりました。それで今度はどうしたものかと診てもらったら、ヤスリを取り出して接点部分をゴシゴシ。

「(たぶん何かのきっかけでランプが点きっぱなしになったかどうかして)接点が焼けちゃったんですね。」ということで。そのくらいなら自分でも直せるじゃないか。しかし、医者というのは、病を治すことよりも、どこが悪いかを的確に突き止めることにこそ腕の良し悪しが出るもので、そこはさすがとしか言えません。一度目は単にバルブが切れ、二度目はブレーキランプのオン/オフを司るスイッチに問題が起き、そして今回はバルブとソケットの接点の接触不良。はてさて、次は何が待ち受けているのか…。乞うご期待。

この日ストップランプを直した先生は、気が利くことに、アクセルグリップあたりをグリスアップしてくれました。そういえば最近渋いな~と思っていたアクセルが、嘘のように軽々と回る、戻る。ベスパってこんなに操作楽だったんだ!心から感動。つまりちゃんとお手入れしましょう、ということだ。
[2003年9月10日]


目の前でガチャン

なんて日だろう。もう随分昔のことなので一部記憶が曖昧である。たしかその日は午前中に何をしていたかさっぱり憶えていなくて、午後の音楽関連のタスクのために東へ向かっていた。で、全然憶えてないけど何かの理由で、いつもは通らない道を通っていた。自転車では通ったことのある、ちょっと狭くて交通量の少ない道。信号のある小さな交差点があって、どっからどう見ても赤だったので止まった。先頭に車種忘れたけど一般的な50ccスクーター、次いで店の配達っぽいカブ、その後ろに自分とベスパ、その後ろに自動車、…と続いて止まっていた。やがて歩行者信号が変わり、まもなくこちらも青になろうというところで、よく見る光景だが、一般的な50ccスクーターは、じりじりと前にすり足で寄り始める。で、よく見る光景だが、青になった瞬間にブイーと、走行性能の低さだけのために実際はゆっくりではあるが急加速する。と、そのとき――

信号的に言えばどっからどう見ても赤のはずの右の道から、超猛スピードで自転車が飛び出してきた。書くまでもないけど、一般的な50ccスクーターとごっつんこ。自転車の若い男性は空中で一回転して体で着地。一般的な50ccスクーターは交差点すぐのところに慌てて停止。配達っぽいカブはそのまま通過。自分とベスパは一般的なスクーターを過ぎたあたりに停止。その後ろの自動車は一般的なスクーターを過ぎたあたりに停止した自分とベスパを過ぎたあたりに停止した。そしてみんな、さっきまで自転車だった若い男性に駆け寄る。角のお店から野次を飛ばさない野次馬も出てくる。そこで、一般的なスクーターの男性と自分との会話。

一般「救急車呼んでもらえますか?」
自分「…えーと、救急って119番ですよねぇ…?」
一般「あ、いいです、自分で掛けます」

さっきまで自転車だった若い男性は声を掛ければ答えるが、まったく動こうとしない。野次を飛ばさない野次馬の一人であるおばちゃんが、日傘を持ち出してかざしてあげていた。一度だけ、若い男性がもそっと動いた。と思ったら腕時計を見て、また動かなくなった。そこへ非常に遅い救急車が到着、男性を乗せ、あーだこーだして去っていった。それからしばらくして、非常どころじゃなく遅い警察が到着。白い自転車に乗ったおまわりさん一人。私がその場に残っていた最大の理由である状況説明を、一人一人から聞き始めた。私は、一般的なスクーターの男性から「(状況説明のため)いてください」と頼まれた割に、他の人に全部しゃべられちゃったので、何も話すことがなかった。その後になって、パトカーが到着。何しに来たんだろう。

とりあえず、自転車氏が肉体的に大したダメージを受けていないことと、不運な一般的な50ccスクーター氏が社会的に大したダメージを受けていないことを両方同時に願うばかりである。

その後音楽関連のタスクに遅刻はしたが無事こなした僕は、理由は全く憶えていないが帰り道にGARAGE TOMIOKAに寄り道をした。そこで運命的な出会いがあったかどうかは定かではないが、確かなこととして、そこから帰る途中、突然ザー。生涯でも上位にランクするほどの急なにわか雨で、生涯でも上位にランクするくらいずぶ濡れになった。
[2003年9月5日]


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。